みんなの害獣駆除屋さん

イタチが家に出た!中途半端な駆除では、被害が大きくなる?イタチの悪臭を防ぐための正しい駆除とは?

強烈な悪臭や住居の破壊などイタチによる深刻な被害。理想的な駆除方に光や臭いで撃退がありますが、確実なのはプロの業者への依頼です

▼すぐに駆除方法が知りたい方はこちら▼

こんにちは!
みんなの害獣駆除屋さんの、木村です。

イタチが家に住みついたり、家の近くにいる場合は、1日も早く・1回で確実に駆除することが大切です。

そうでないと、こんな被害が出てしまいます。

  • イタチの糞尿が家にたまり、建物が傷んで資産価値が下がる
  • 正気が保てないほどの悪臭が家をおおう。
  • 病原菌やダニなどの寄生虫が、家にうつる。

イタチは警戒心が強いので、失敗すると駆除がむずかしくなってしまいます。
また、繁殖力が高いので、早く・確実に駆除することも大切です。

「じゃあ、駆除グッズを使って、すぐに駆除しよう!
と思ったあなた、ちょっと待って下さい…!

イタチは、自分で勝手に駆除してはいけません。

というのも、イタチのメスは鳥獣保護法により、捕獲・駆除は禁止されています。オスを駆除・捕獲するには、自治体への申請と許可が必要なのです。

審査や手続きは自治体によって異なりますが、「防除実施計画書」など書類申請が必要だったり、役所手続きなのでそれなりに大変です。

もちろん、自分で許可を取って対策をして、効果がある場合もあります。
ただ、そもそも一般の方がイタチのオスかメスかを見分けることは難しいです。

私の経験上からも、申請の手間、駆除の難しさ、追い出した後の巣の処理や殺菌・消毒などを考えると、イタチの駆除は専門業者に頼んだ方が得策です。
なによりも、イタチに適した駆除方法などの専門的な知識が欠かせません

もしイタチでお困りの場合は、まずはイタチ駆除の専門家に相談してみましょう。
無料で調査をしてくれるので、それだけでも自分でやるより効率的です。

イタチ駆除の専門家に無料相談する。

それではこれから、イタチの被害や、被害を予防するために必要なイタチの生態について、お話していきます。

臭すぎる…家の資産価値が下がる…イタチの被害はかなりきつい

イタチは臭いが強烈。それに加えて凶暴でうるさく、家の資産価値を下げる。

イタチが家に出た時の被害は、かなりひどいものです。

他の動物(害獣とされるもの)とは違う、イタチならではの被害が臭いです。

イタチの肛門腺というところには、とても臭い分泌物がたまっています。
フンや尿にその分泌物をかけて「臭いづけ」をして、仲間とのコミュニケーションをするのです。

また、身の危険を感じたときにも、その強烈な悪臭を分泌します
自分で駆除する場合、その悪臭との戦いにとても苦労します…。
7年以上駆除経験がある私でも、いまだにイタチの臭いは慣れません、毎回とても消耗します…。

実際、中古の戸建を購入されたお客様が、「以前イタチが住んでいたらしく、その時の臭いが残っている。自分で消臭剤などを試したけど、とれない」といって、相談にいらっしゃったことがありました。そのくらい、強い臭いなんです…。

その他にも、イタチがもたらす被害は…

  • 大量のフンや尿で、天井の床が腐って抜け落ちる
  • 糞尿が下の部屋にしたたり落ちる
  • ダニやノミなどの害虫を家の中に連れてくる
  • 断熱材をちぎって、巣を作り、子どもを生む
  • 夜に家を走りまわる足音がうるさい
  • 糞尿や害虫からの感染症
  • 凶暴なので、ペットを襲う

イタチは夜行性なので、夜に家の中を走り回る音がとてもうるさいです。

私たちに駆除の依頼をされるお客様も、「もう何日もちゃんと眠れていません…」と疲れた顔をされている方が少なくありません。

また、見た目に反して、イタチは凶暴で肉食性もあります。
とくにネズミを好んで食べますが、カエル、鳥、虫、魚、さらにザリガニなどの甲殻類を食べることも。

私も一度、「庭にあるニワトリ小屋を襲われた」というお客様にお会いしたことがあります。
もちろん、農作物や生ゴミも食べられます。

天井裏や床下に住みつく場合が多いのですが、その時に家の断熱材(とくにグラスウール)をちぎって巣を作ることが多いです。ふわふわとしてあたたかい断熱材が、とても良い巣の材料になるのです。

家の柱などの建材、断熱材などを傷つけられたり、糞尿で床が腐ったりすると、家の資産価値が下がってしまいます。

駆除して安心?ではありません。二次被害の防止、侵入口の封鎖も

イタチを駆除した後、糞尿の掃除、巣の撤去、消毒・殺菌、侵入口の封鎖などをする必要があります。
これをしっかりやっておかないと、感染などの二次被害にやられてしまいます。

糞尿と巣を撤去して掃除する/消毒・消臭も忘れずに…!

イタチは同じ場所にフンをする習性があるので、屋根裏がイタチのトイレになっていることがあります。消臭・消毒しないと、家がどんどん汚れて臭くなります。

イタチには"溜め糞"という同じ場所に糞尿する性質があります。

つまり、住み着かれると、そこがイタチのトイレになってしまうようなもの。
フンや巣には、たくさんの病原菌や寄生虫が付いています。
すべてキレイに消毒・殺菌しないと、病気や食中毒になる恐れがあります。

しかもイタチは、さきほどお話したように臭い分泌物をかけるので、臭いも消さないと大変です。(私はイタチ駆除に長年かかわってきましたが、正直、普通に生活できないレベルの悪臭です…。)

この消毒や消臭をするときに、個人でイタチに効く薬剤を選ぶのは、かなりハードルが高いです。
専門業者であれば、効果の高い専用の薬剤で、しっかりと消毒・消臭をしてくれます。
一度で確実にキレイにしたいのであれば、専門家に頼ることをオススメします。

消毒・消臭まで専門業者に依頼したい方はこちら

駆除の前にまずは追い出し、締め出しを考えましょう

二度とイタチを侵入させないために、壊された部分の修繕や取り残されたイタチの子供がいないか確認、侵入口をしっかり封鎖することが必要です。

イタチの被害に悩まれている方はすぐにでも駆除したいところだと思います。ですが駆除の前に、まずは追い出しや締め出しを考えましょう。

冒頭でもお伝えした通り、イタチの捕獲や駆除には許可が必要です。さらに、メスに関しては捕獲や駆除が 禁止されています。捕まえた場合は法律違反となり、1年以下の懲役、または100万円以下の罰金となってしまうんです。

このように、捕獲となると複雑な手続きや法律違反のリスクが伴ってきます。捕獲は最終手段と考え、まずは追い出しや締め出しをしてみることをおすすめします。

このように進めていきます。

  1. 家の中にイタチがいないかを確認する
  2. 侵入口を封鎖する
  3. 巣や糞、食べかすを清掃消毒する
  4. 建物を補修する

それぞれ詳しく説明していきましょう。

①家の中にイタチがいないかを確認

確認作業

これから侵入口を特定して塞いでいくのですが、その前にイタチが家の中にいないかを確認してください。

イタチが家の中にいたまま侵入口を封鎖してしまうと、家の中で餓死する可能性が高くなります。こうなってしまうと衛生的にもマズイですし、処理も大変です。必ず確認しましょう。

いないときはこのまま次のステップに進みます。もし家の中にいた場合は追い出しが必要です。光や匂いを使って追い出しましょう。

イタチは光が嫌い

イタチは強い光が苦手で、危険を感じて逃げ出そうとします。家にあるものでも効果が期待できますよ。たとえば、

  • クリスマス用の電球装置
  • アルミホイル
  • 使わないCD

などです。イタチの住処や通り道にしかけておき、きらきら反射するようにしておくだけでOKです。

イタチは匂いに敏感

イタチはとても臭いが強い動物ですが、イタチ自身も臭いに敏感な動物です。そのため「強い臭い」を住処や通り道にしかけると、追い出せることがあります。

たとえば、

  • 木酢液
  • クレゾール石鹸液 ※臭い強いので、薄めて使いましょう。
  • 漂白剤(カルキ)
  • お酢 ※臭いが弱いので、何度も散布したり塗ったりしましょう。
  • 動物忌避剤
  • ダニやゴキブリ用の燻煙剤、バルサンなど

です。薬を直接まいたり塗ったりする他に、新聞紙などを丸めた紙玉に染み込ませて撒く方法もあります。作業しやすい方でやってみましょう。

②侵入口を封鎖する

侵入口を封鎖する

せっかく追い出せても侵入口が開いたままだとまた入られてしまいます。しっかりと塞ぎましょう。

イタチは3cmくらいの隙間であれば簡単に侵入できてしまいます。また、力も強いです。パンチングメタルという穴の空いた金属板や、テープを何重にも張るなど、強度にも気をつけてください。

③巣や糞、食べかすを清掃、消毒する

巣や糞、食べかすを清掃、消毒する

侵入口を塞いだら、巣や糞、食べかすをしっかりと清掃、消毒してください。

イタチに限らず、野生動物の糞には寄生虫や病原菌がいっぱいです。イタチが屋根裏にいたのならば、身体に付いていたダニも繁殖しているはずです。

そのまま放置するとアレルギーなど健康被害の原因になってしまいます。しっかり掃除、消毒しておきましょう。

イタチは3cmくらいの隙間であれば簡単に侵入できてしまいます。また、力も強いです。パンチングメタルという穴の空いた金属板や、テープを何重にも張るなど、強度にも気をつけてください。

掃除するときは吸い込んだり手に付いたりしないように、必ずマスクや手袋を着用し、ホウキと塵取りを使って掃除してください。

清掃後、次亜塩素酸ナトリウムをスプレーして消毒します。

④建物を補修する

建物を補修する

消毒が終わったら建物に被害がないか確認しましょう。先にも紹介した通り、イタチには”溜め糞 ”という、糞を1箇所にまとめてする習性があります。

溜め糞された場所は木材が腐りやすくなるのでしっかりと確認する必要があります。もし腐っていれば修繕や交換が必要です。その他にも、断熱材を壊されていた場合はそちらも交換する必要があります。

早く確実に追い出したいならプロにお任せを

イタチを家から追い出す方法、いかがでしたか?すでに被害を受けていて、

「すぐに、確実に追い出したい!」

という時は、プロにお任せするのが正解です。

というのも、侵入口の封鎖には害獣の知識、建物構造の知識の両方が必要なんです。説明しておいてなんですが、一般の方がイタチが出入りしている穴を特定するのは、目視で確認できていない限りなかなか難しいんです。

弊社、みんなの害獣駆除屋さんでは調査・お見積もりまでは無料で承っています。

ぜひお気軽にご相談いただければと思います。

▶︎ご相談はこちらから

正しい捕獲駆除の方法

正しい捕獲駆除の方法

ここまで追い出しの方法を紹介してきましたが、相手も生き物。うまくいかないことも多々あります。そのようなときは止むをえず、捕獲という形で駆除することになります。

この記事をお読みの方の中にも自分で捕獲しようと思われている方がいるかと思いますが、正直なところ、捕獲駆除を自分でやるのはオススメしません。

その理由をご説明します。

自分で捕獲駆除するのをおすすめしない理由

自分で捕獲駆除をオススメしない理由
①危険が伴います
危険が伴います

イタチは見た目のかわいさに反して非常に凶暴です。かなり気性が荒く雑食のため、動くものほとんど全てを攻撃します。怖いもの知らずで、自分より大きい動物も攻撃するんですよ。

捕獲されたイタチは緊張状態となり、さらに攻撃的になります。私も何度威嚇されたことか…。もしイタチに噛まれると、鼠咬症(そこうしょう)という病気になってしまう危険性があります。

②捕獲後は自分で処分しなければいけません
捕獲後は自分で処分しなければいけません

自治体にもよりますが、捕まえたイタチは基本的に自分で処分しなければいけません。殺処分か、山中での放獣となります。

「じゃあ放獣すればいいんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、庭で放獣してもすぐに戻ってきます。山中に連れて行こうにも、移動中に車内に糞尿や、先に説明した肛門線の分泌物を撒き散らし、廃車にせざるを得ないほどの悪臭になってしまうのが想像できます…。

プロであれば、駆除から処分まで全てお願いすることが可能です。

③失敗すればするほど警戒心を強めてしまいます
失敗すればするほど警戒心を強めてしまいます

闇雲に罠を設置すると、イタチの警戒心を強めてしまい、どんどん捕まえにくくなってしまいます。

イタチは非常に警戒心が強く、かつ学習能力が高い動物です。危険な目にあうとどんどん警戒するようになるので、失敗すればするほど駆除が難しくなってしまうんです。

私達プロは専門的な知識をもったうえでイタチの行動パターンを割り出し、いちばん効果のありそうな場所に罠を設置します。イタチを警戒させることなく、捕獲することができるんです。

このように、イタチの捕獲駆除にはリスクや精神的な負担が伴います。これから駆除の方法を紹介しますが、捕獲を要する駆除はプロにお任せするのが確実です。

みんなの害獣駆除屋さんでは調査、見積もりまでは無料です。ぜひお気軽にご相談ください。

▶︎ご相談はこちらから

イタチの正しい捕獲駆除4ステップ

失敗すればするほど警戒心を強めてしまいます

ではイタチの捕獲駆除について説明していきます。このような流れで行います。

  1. 捕獲の許可を得る
  2. イタチがいそうな場所に箱罠を設置する
  3. 捕獲後は自治体の指示に従って処分
  4. 二次被害防止も忘れずに行う

詳しく説明していきましょう。

①捕獲の許可を得る
失敗すればするほど警戒心を強めてしまいます

まずは自治体に捕獲許可を申請しましょう。手続きは自治体ごとに異なるので、一度問い合わせてみるとよいですよ。そのとき、

  • 狩猟免許は必要か
  • 捕獲後の処分方法

についても確認しておきましょう。

②イタチがいそうな場所に箱罠を設置する
失敗すればするほど警戒心を強めてしまいます

イタチがいそうな場所、通り道にしていそうな場所に箱罠を設置します。天井裏から音がするなら天井裏に、床下から音がするなら床下に設置します。

捕獲カゴは購入すると2〜3万円ですが、自治体によっては貸し出しをしているところもあるようです。ぜひ確認してみましょう。

餌は私達が嗅いでも思わずお腹が減ってしまうような、強い匂いのするものがおすすめです。たとえば、

  • からあげ
  • フライドチキン
  • 炒めたウィンナー

などです。
魚でもいいのですが、何日間かおいておくことを考えると加工食品の方がよいでしょう。

1日1回、罠にかかっていないか必ず確認しましょう。

③捕獲後は自治体の指示に従って処分

捕獲後の処分については、

“捕獲者が責任をもって処分”

としている自治体がほとんどです。先にも説明した通り、殺処分か、山中に放獣するかになります。

④二次被害防止も忘れずに行う

捕獲、処分後は、衛生被害や健康被害などの二次被害がおきないよう、巣や糞、食べかすを掃除消毒する必要があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

イタチの生態を知っておこう

日本に生息しているイタチは、大きく分けて2種類。
外来種であるチョウセンイタチと、もともと日本にいる在来種のニホンイタチです。

人家に被害を及ぼすイタチは、大半がチョウセンイタチです。
そのため以下では、チョウセンイタチの特徴をお話していきます

チョウセンイタチの身体的な特徴

被害の多い、チョウセンイタチ。口元は白く、目の周りは黒。指は五本で、体重はオスで約450g。胴体は約30cmで、尻尾は10cmから20cmあります。

体の色:顔以外は、茶色。
    口元は白く、目の周りから口元にかけては黒っぽい色。

尻尾:オス15センチ前後、メス10センチ前後。

手足:指は5本。

大きさ:胴体 オス30~40センチ/メス20〜30センチ
    尻尾 10~20センチ
    体重 オス450g前後/メス150g前後

その他:3センチ程度の穴から侵入できる

イタチの生態的な特徴:繁殖力

1年に1回出産をします。1回に平均して3〜7頭ほどを出産。

イタチがよくいる場所

エサである魚や鳥がいる水辺、川、池、湿地帯など。

しかし近年は、食べ物が豊富な人家、道路の溝などに住みつくイタチが増加。
都市部を中心に、人家の周りにも生息が広がっています。
人家の床下から天井まで巣を作るケースが多い。

北海道から九州まで、日本各地に生息しています。

イタチは何を食べるの?

肉食性の強い雑食性。

ネズミ、カエル、ニワトリなど鳥類、昆虫類などの小動物や虫。
また、ザリガ二などの甲殻類や魚、果実なども食べる。

イタチはいつ、どんな行動するの?

夜行性。木や垂直の壁などをかんたんに登る。
穴を掘ることもできる。

また、敵や危険が近づくと肛門から悪臭を放ち、敵がひるんでいるすきに逃げます。

まとめ

イタチが家に出ると、

  • 悪臭
  • 家の傷みによる資産価値の低下
  • 病原菌やダニなどの感染

など、まともな生活ができないような被害が起こります。

放っておくと、とくに糞尿の被害はあっという間に大きくなります。

イタチは、可愛らしい見た目とは裏腹に、じつはかなり凶暴な動物です。
なので正直、自分で駆除することはオススメできません…。
※イタチに噛まれたりひっかかれると、鼠咬症になる危険があります。

個人的な経験からも、おそらくイタチの臭いに耐えられず、まともに駆除できない人が大多数だと思います…。

"早く、確実に"駆除したい場合は、まずはイタチ駆除のプロに相談してみてはいかがでしょうか。
専門家の無料調査だけでも価値があります。
侵入口の発見にもつながるので、ぜひお気軽にお問い合わせいただければと思います。

▶︎みんなの害獣駆除屋さんへのお問い合わせはこちらから

最後までお読みいただきありがとうございます。
みんなの害獣駆除屋さんの木村でした。

メールの無料相談はこちら。24時間以内にお返事します。 駆除実績 10,000件以上。トップクラスの駆除実績。
害獣の専門家が約30分の無料現地お見積をします
  • 被害状況は、写真を見な
    がらご説明するから納得!
  • 駆除は○円、消毒は○円、
    と分かりやすく料金を
    ご説明します。そして、
    必要な作業のみお選び
    いただき作業します。
害獣が住みつくと、家の資産価値が下がる。家の寿命も下がる。
屋根裏、外壁(断熱材)、床下
  • ■ 屋根裏・床下

    フンや食べかすが腐敗し、
    天井が抜けたりします。

  • ■ 外壁(断熱材)

    巣の材料としてちぎられたり、
    ダニやノミの巣窟に!

  • ■ ダニ

    10匹のダニは10週間で3千匹、
    3千匹のダニは10週間後には
    90万匹、と恐ろしいスピード
    で増える!

    アレルギー湿疹の原因に。